The changing life.Spring(2)


プロに頼む!
プチリフォーム

草木が芽吹き、生命力に満ちた春だから、家にいても自然のパワーをもらって気持ちのいい暮らしをしたいもの。プロの手を借りて実行しましょう。


プロに頼む! 家の中で森林浴気分

部屋の中に観葉植物などのグリーンを置いて、植物のパワーをもらうのもいいですが、思い切って床や壁、天井を自然素材に変えてみませんか。
檜や杉、モミなど、木の種類によっても特徴がありますが、自然素材を使うとまるで家の中に空気清浄機を置いているよう。家に帰って玄関を開けると木の香りがするなんて、体も心も安らぐはずです。


プロに頼む!
ベランダにウッドデッキ

天気のいい日は屋外で日向ぼっこをしたくなりませんか。庭の一部やベランダをウッドデッキにすれば、今までにはなかった新たなスペースができます。
室内では味わえない開放感や季節を肌で感じながら、家族や仲間と過ごす特別な場所に。週末にのんびりブランチやカフェタイムなど、今までになかった時間の使い方ができそうです。





*web
限定記事

春だから? 家の臭いが気になる


春になるとなぜか「家に入るとなんとなく臭い」という声を耳にします。冬はほかの季節に比べて窓を開けて換気をしないせいだからなのでしょうか? 「なんとなく臭い」は、食べ物の臭い、玄関の臭い、カビやホコリ、ペットなど家の中のさまざまな臭いが混ざり合った生活臭なのです。

 対策
その1 <臭いを取る>掃除
有効な掃除方法は場所によって異なりますが、キッチンではシンク周りの壁、排水口を忘れないように。ビニールのフロアークッションが使われているトイレや洗面所の床は、凹凸があって汚れが落ちにくいので注意しましょう。トイレでは手の届きにくい便器の縁裏の汚れを見落とさないようにしてください。玄関は靴箱の内部まで掃除を。ペットを飼っている場合は、ペットがよく使うクッションやおもちゃに臭いが染み付いていることが多いので、まめに洗濯をしましょう。

その2 <臭いを防ぐ>換気と消臭
一番手っ取り早い方法は換気をすること。最近は特に高気密・高断熱の家が増えているので、意識して窓を開けて空気の入れ替えに気を配り、部屋の空気が滞らないようにしましょう。ただ窓を開けるだけでなく、空気の流れを作るために対角線上になる2カ所の窓を開けるなどしましょう。
空気清浄機を作動させたり、消臭剤を使ったりするのも一つの手ですが、例えばキッチンで出る生ゴミは水分をよく切って新聞紙に包んで捨てるといった普段の小さな積み重ねが大切です。

この時期、花粉対策も大事!


家の中に花粉を持ち込まないために、洗濯物や布団を部屋干ししたり、窓を開けないなどの対策をとったりしている方も多いはず。家の中の花粉の6割が、窓や換気口から入ってきて、床面に付着するということも覚えておいて対策をしましょう。窓は開けない方がいいとはいえ、換気は必要です。

 対策
その1 <花粉の侵入を防ぐ>

  • 洗濯物や布団を外に干す場合は取り込む際にしっかり花粉を払ってから。
  • 窓は開ける幅を10センチ程度にしてレースのカーテンをしましょう。全開した時と比べて、室内へ流れる花粉の量がおよそ4分の1に減ります。(花粉症環境保健マニュアル/環境省)
  • 帰宅したときは、背中、前面、袖などをしっかり払ってから家に入りましょう。


その2 <花粉を除去する>

  • いきなり掃除機をかけると床面などに落ちている花粉が舞い上がってしまうので、最初に拭き掃除をしてから掃除機をかけましょう。窓際、換気口の近くは特に念入りに。また、カーテンもこまめに洗濯しましょう。

 チェック!

  • 物干しスペース=浴室換気暖房乾燥機、日当たりの良い廊下など、採光や換気を考えましょう。
    サンルーム=テラスやベランダにサンルームを設置すれば、花粉を気にせずに太陽光を当てて洗濯物を乾かすことができます。



>>IS topics アーカイブ