ガスコンロのお手入れ

ガスを安心、安全にお使いいただくために、こんな時はどうするなど、非常時の対応や保安検査についてご案内いたします。

正しいガスコンロのお手入れについて

毎日使用する調理器具、ガスコンロのお手入れ方法をご紹介いたします。

バーナーのお手入れ
バーナーキャップ・バーナー本体のお手入れ
バーナーキャップ・バーナー本体のお手入れ

歯ブラシや針金などで目詰まりを取り除いて下さい。表面は、やわらかい布などに、水で薄めた台所中性洗剤を含ませて拭取って下さい。

埋設状況により異なりますが、交換は概ね「20年が目安」と言われています。
アイ・エス・ガステムでは、埋設の亜鉛メッキ製のガス管(白ガス管)から「腐食に強いガス管」への交換をすすめております。
お客様のご理解とご協力をの願いいたします。

温度センサーのお手入れ
温度センサーのお手入れ

温度センサーは、片手を添えて、水に浸し固くしぼった布で頭部と側部の汚れを拭取って下さい。

立消え安全装置・点火フラグのお手入れ
立消え安全装置・点火フラグのお手入れ

軽い汚れは、やわらかい布などで拭取ります。汚れがこびりついている場合は、毛がやわらかい歯ブラシなどでお手入れして下さい。

ゴトクのお手入れ
軽い汚れの場合は
軽い汚れの場合は

水で薄めた台所用中性洗剤を含ませた紙や布で汚れを拭取ります。さらに1時間程度つけ置きしたり、煮沸洗いをすると汚れが浮き上がって落としやすくなります。その後、歯ブラシやヘラでこすります。
※庫内が充分に冷えている事を確認して下さい。

汚れがひどい場合は

鍋に、汚れたゴトクと重曹を溶かした水(水1リットルに大さじ1杯)を入れ沸騰させます。火を止めてそのまま2時間ほど放置し浸け置きしておくと汚れがおちやすくなります。※煮沸後は、ゴトクが熱くなっているので取り出すときはヤケドにご注意して下さい。

グリル庫内のお手入れ
軽い汚れの場合は
軽い汚れの場合は

水で薄めた台所用中性洗剤を含ませた紙や布で汚れを拭取って下さい。 ※庫内が充分に冷えている事を確認して下さい。

汚れがひどい場合は

水に薄めた台所用中性洗剤を含ませたスポンジを泡立てた後、グリル庫内の側面や底面を湿らせて、しばらく置き、汚れが浮いてきたら、やわらかい布やスポンジで拭取ります。

グリル皿・焼網のお手入れ
グリル皿のお手入れ
グリル皿のお手入れ

グリル皿は台所用洗剤で水洗いして下さい。ガンコな汚れは洗剤キューブがおすすめです。水洗いした後は、水をしっかり拭取りましょう。

グリル網のお手入れ
グリル網のお手入れ

軽い汚れの場合、水に浸しおきしたり、中性洗剤をまんべんなくかけて5分ほど放置。スポンジや歯ブラシでこすって汚れを落とします。

天板のお手入れ
軽い汚れの場合は

ラップを使ってお掃除しましょう。天板の汚れを落すときに、使用できるのが実はラップなんです。ラップ数センチを手でぐしゃっと丸め、そこに洗剤を垂らし天板をこすってみて下さい。

こびり付いてしまったガンコな汚れの場合は
こびり付いてしまったガンコな汚れの場合は

ガラストッププレートならこびり付いた汚れにスクレーパーが使えます。

前面パネルのお手入れ
軽い汚れの場合は
軽い汚れの場合は

布に洗剤をつけて汚れを拭取りましょう。

汚れがひどい場合は
汚れがひどい場合は

キッチンペーパーに洗剤をつけて、グリル扉部分や汚れがひどい部分に湿布のように貼り、しばらくおくと汚れが落しやすくなります。汚れが浮いてきたら、やわらかい布やスポンジで拭取ります。 ※洗剤が残らないようしっかり拭取りましょう。

リンナイ

ガス器具のお手入れについてはこちらのページでもご案内されています。

リンナイのある暮らし(お掃除・お手入れのコツ