グリストラップの構造と仕組み|1つでも部品を取ってはいけない理由

グリストラップは飲食店の排水から油やごみを除去するものです。排水には下水に流してもよいとされる水質基準があるため、グリストラップがないと水質基準を満たせなくなることがあり、それを改善するために飲食店にはグリストラップが設置されています。

そこでこの記事では、グリストラップがどのような構造になっており、どのように水質を保つ仕組みになっているのかについてご紹介していきます。

グリストラップ構造と各槽の役割

グリストラップの構造は、1つの大きな水槽を仕切板で3つのセクションに分けた3槽構造になっています。それぞれの段階でしっかりと機能を果たすことで、ごみと油を直接下水に流すことなく、排水してくれます。ここでは、グリストラップの構造、槽ごとの働きについて詳しく解説します。

グリストラップは3つの槽に分かれている

槽によるグリストラップの工程は「1槽目でごみの除去」「2槽目で油と水の分離」「3槽目で残った油と汚泥の分離」となっており、3槽の工程を通過することで油分の少ない水を下水へ排水することができます。次に、各槽の具体的な仕組みについて解説します。

第1槽目の役割は「大きなごみを除去」

大きなごみがグリストラップ内に散乱する前に、バスケットを第1槽目に設置して大きなごみを除去します。バスケットでご飯粒程度のごみは全て受けることができます。ご飯粒よりも小さなごみや油は沈殿させ次の工程で分離させます。

1槽目で注意する点は、メンテナンスです。1槽目ではバスケットにごみが蓄積していきますので、頻繁に回収しなければ目詰まりを起こし逆流を起こすほか、ネズミや害虫のエサとなり繁殖にもつながります。衛生面を考慮して清掃は大変な作業かもしれませんが、定期的なメンテナンスは必要不可欠です。

第2槽目の役割は「油と水の分離」

第2槽目で大切なことは、水と油を分離させて油分が少ない水を3槽目に送ることです。各槽は、排水を遮らないように仕切板の下部分に隙間があります。油は水に浮くため、油脂分は仕切り板でせき止められ、そのまま中間槽に留まり、水分だけ3槽目に流れる仕組みになっています。

ただし、それだけでは1槽目で沈殿した細かいゴミも一緒に3槽目まで流れてしまうので、2槽目の下部には汚泥が流れないよう小さい仕切りが設置されています。第2槽目の水質を断面図にすると、1槽目側が「油・水・汚泥」3槽目側は「油・水」というように同じ水槽の中に2層存在するように見えるでしょう。

第3槽目の役割は「取り切れなかった油を除去してきれいな水を排水させる」こと

第3槽目の働きは、残った油分の分離です。油は水に浮く性質なので、油が極力含んでいない下のほうの水を油を含んでいない中間水を「トラップ管」をつたい排水されるため、「トラップ管」が設置されています。しかし、汚泥もまだ少量残っています。トラップ管から排出される水は、3槽目の水を断面図で見たときの中間層の水です。

トラップ管には蓋がついているものがあります。この蓋を取ってしまうと臭いが上がる、ゴキブリなどの害虫が入るといったリスクがありますので、蓋は取らないようにしましょう。2段階の工程を終えた水が流れる3槽目は、1週間に1回程度の清掃を目安にすれば問題ありません。

グリストラップは「水は油に浮く」原理を利用している

グリストラップの大きな目的の1つが油の除去です。「水に溶けず」「水よりも軽い」ことなので、水と分離し水よりも上に浮くのです。グリストラップはこの水と油の性質を利用した排水設備です。

流れる汚水に仕切り板を挟めば、油が混じった水がせき止められ、分離した水だけが先に流れていきます。グリストラップが3槽に分かれているのは、このためです。

グリストラップの設置は「排水管詰まり防止」と「下水環境の保全」のため

排水処理システム導入に「グリストラップ」の設置義務はありません。しかし、飲食店にには守らなければならい「食品衛生法」と「下水道法」がありますので、排水の水質管理は必須業務です。

(※食品衛生法:https://elaws.e-gov.go.jp/search/elawsSearch/elaws_search/lsg0500/

(※下水道法:https://elaws.e-gov.go.jp/search/elawsSearch/elaws_search/lsg0500/

また、油が排水管へ流れることで下水管がつまってしまう危険性も高くなります。そうなると、自分の事業だけではなく、建物によっては他者も巻き込む事故につながりかねません。

グリストラップ以外にも排水処理はあるかもしれませんが、基準値を守れるシステムはないと言われています。流出する油をコントロールできるグリストラップは、「排水管詰まり防止」と「下水環境の保全」にとても効果的です。

グリストラップにはどんなタイプがあるのか

ここまでグリストラップを設置する目的や部品の内容、構造について述べてきました。グリストラップには、数種類の型式があり、施設の大きさや食品を提供する量によって異なるのが特徴です。また素材には主に2種類あり、強度や特徴が異なりますのでご紹介していきます。

多くの場合素材は強化プラスチックかステンレス

グリストラップの多くは、浴槽やサーフボードでよく使われる「FRP」といわれる強化プラスチックによりつくられています。プラスチックにガラス繊維を織り混ぜて強度を高めたプラスチックのため、軽量で防水性があるのが特徴です。ただし、亀裂が入りやすいというデメリットがあります。

一方、ステンレス製は流し台でも使われているように、錆びによる腐食に強く丈夫なのが特徴です。大型施設では、階下への水漏れ防止として耐久性に優れている「ステンレス製」を選ぶ傾向にあります。

価格は、型に流し込んで量産できる「強化プラスチック製」のほうが安いです。ステンレス製は、耐久性や剛性面で優秀ですが、強化プラスチック製よりも高くなります。

古いグリストラップの中には「モルタル性」もあります。費用を抑えられるようですが、設置場所が限られることや破損しやすいなどデメリットのほうが多く、ほとんど流通していません。

①浅型のグリストラップ

浅型のグリストラップは、文字通り水深が浅い作りのものを指します。だいたい10cm程度の深さのグリストラップを浅型といいます。メリットとしては、施工時に地面を深く掘る必要がないことが挙げられ、ビル内にある店舗などでよく利用されています。

容量が少ないので大きい施設には向いておらず、主に小規模な施設で使われています水深が浅く、清掃確認やメンテナンスがやりやすい点もメリットとして挙げられます

②深型のグリストラップ

中規模から大規模の店舗で利用されるのは深型タイプのグリストラップです。浅型が水深10cm程度なのに対し、深型は30~70cmとモノによって1m以上のモノがあり、油脂の分離能力や回収能力が高いのがメリットです。また、屋外にグリストラップを設置する場合は、通常「深型」が選ばれます。

しかし、水深が深いため掃除やメンテナンスがやりにくいことがデメリットです。蓋に「かさ」をつけて床で蓋を支える形であることや、トラップ管がT字型でキャップ付きであることも特徴です。

③床置き型のグリストラップ

コンビニエンスストアやビル内にある、カウンター席しかない飲食店など小規模施設によく設置されているのが、床置き型です。埋め込みの浅型で対応できる容量が「平均80L前後」一般的な飲食店の深型が「200L前後」なところ、床置き型のグリストラップの容量は「平均20L程度」です。少量の排水しか処理できない、簡易システムであることを理解しておきましょう。

床置き型の設置場所は、一般的に流し台の下です。床下に埋め込む施工工事が必要ないため、低コストで導入できます。しかし、狭い場所で作業するので、清掃は容易ではありません。さらに、大量に水を使用するとグリストラップ内の油が排水管に流出してしまうので、リスク管理することが大切です。

グリストラップは必要最低限の部品でできている

食品に関わる人の中には、グリストラップが設置されていることは知っていても、部品について軽視している人は少なくありません。そのため、自己判断で部品を取り除いてしまった結果、問題がよく起こります。

グリストラップはとても単純な構造ですので、ひとつでも部品が欠けてしまうとグリストラップとしての機能を果たせなくなってしまいます。ここでは部品の種類や役割について解説していきます。

大きなごみを除去する「バスケット(受けカゴ)」

バスケットは別名受けカゴともいいます。排水に混じっている残飯や大きな生ごみを受け止める役割をもちます。バスケットの編目の大きさは、米粒をとおさないことが1つの条件です。米粒を通さないバスケットはすぐにゴミに溜まり、目詰まりしやすいので、バスケットの清掃は毎日するようにしましょう。

バスケットに余裕があるからといって生ごみを蓄積させると、ネズミや害虫のエサになりやすく、悪臭も漂い不衛生です。バスケット内のごみは毎日捨て、編目が広がっていないかバスケットの点検も定期的にすることを心がけましょう。

各槽を仕切り油を滞留させる「仕切り(スライド)板」

仕切り板は、別名スライド版や整流版と呼ばれています。各槽で仕切り、それぞれの工程を円滑にするための板です。グリストラップは、この仕切り板を1つの大きな水槽に2枚設置することで、3つの処理区画をつくりだしています。仕切りを入れることで、区画ごとに滞留させたいものをせき止める作用があります。

仕切りを付けることで水の勢いを弱め、水を滞留させることが目的です。滞留物を見ると、水が流れていないと勘違いする人もいますが、仕切り板を外すことはやめましょう。水の抵抗になるからといって仕切り板を外すと、油をせき止めるものがなくなるため、グリストラップを設置している意味がなくなってしまいます。

油を取り除いた水のみを排水させる「トラップ管(排水口)」

トラップ管は、油を含まない下層部の水を排水するための部品です。グリストラップの最後の工程であるので、グリストラップの「排水口」ともいえます。

2槽目で油を分離させましたが、すべてを取り除いたわけではありません。3槽目でも、2槽目と同じように残った油が水の上澄みとなっています。そのため、トラップ管は油が侵入しないように、水中の中間くらいまで沈められています。

また、トラップ管にはトラップ=罠という意味の通り、「下水の臭いを封じること」や「ネズミや害虫の侵入を防ぐこと」もできます。水量や水位を調整してくれる働きももっているので、水の流れが悪いからといってトラップ管を外すことはやめましょう。

臭いをシャットアウトしてくれる「蓋」

蓋は臭いの封じ込めや、人が乗ってもグリストラップに落ちないようにするために設置されています。蓋が劣化してしまうと、事故が起こったり臭いが上がってきたりする原因になりますので、蓋も定期的に点検しておきましょう。

蓋の材質は、基本的に「鉄製」と「ステンレス製」があります。ステンレス製のほうが耐久性があり、鉄製の2倍長持ちするといわれています。腐食や破損の心配が少なく、手入れしやすい素材ですが、その分ステンレス製の価格は鉄製の2倍も高くなっています。

グリストラップを設置している場所

グリストラップを設置する場所として多く選ばれるのは、食品を加工する場所(厨房など)の床下です。屋内外、地下や床下と施設によってそれぞれですが、設置されている場所によってメリットやデメリットは異なります。ここからはグリストラップを設置する場所について解説します。

①厨房内

設置場所として一番多いのが厨房内です。商業施設や小規模店舗では店舗面積が狭いので、作業の邪魔にならないよう埋め込みタイプが設置されています。

また、テナントとして入る場合、建物の床を削ることができないため、グリストラップの深さに合わせて店舗の底上げをします。この際、低コストに収めるため浅型が好まれて使われていることが多いです。

厨房に設置するメリットは、シンクとの距離が近いので、清掃がしやすいことでしょう。デメリットは、衛生管理に厳しい食品加工の場所なので、清掃をしっかりしなければ食中毒などのリスクが高くなることです。食品を提供するものとして、清掃の頻度・方法を徹底しておく必要があります。

②厨房以外の店舗内

厨房以外の屋内に設置している施設もあります。客席エリアにある場合もありますし、バックヤードにある場合もあり、施設のデザイン・構造によってさまざまです。客席付近に設置する場合は、悪臭に注意が必要です。食品が提供される場所での悪臭は、施設のイメージを著しく損ないます。

施設内の床置きタイプであれば、施工費用が抑えられるので1つの選択肢として検討するのもいいでしょう。デメリットとしては、人の目につかない場所にスペースを確保する必要があり、場所によっては人が移動する導線の邪魔になることがあります。

③地下や床下

まれに地下や床下にグリストラップが設置されている場合もあります。複数の部屋の排水を処理するケースや地下にスペースがある施設では、わざわざ排水管を延長させて地下で処理するところもあります。地下や床下であればグリストラップが隔離されている分、悪臭の心配がそれほどありません。

しかし、狭いスペースであったり、水道が近くになかったりすると日常的な清掃が困難になることもあります。清掃ができる場所かどうかは重要なポイントです。

④店舗の外

大型施設などではグリストラップが屋外に設置されていることが多くあります。ロードサイド店舗では、屋外に十分なスペースがあるので、浄化槽などと並べて設置することがあります。ただし、天候の影響を受けやすいのがデメリットです。冬は気温が低いので油が固まりやすく、夏は熱で腐敗が進み、悪臭や虫が発生しやすいです。

施設内にグリストラップがない分、屋内を清潔に保ちやすいのがメリットです。大型施設向けにグリストラップ自体のサイズが非常に大きいので、定期的なメンテナンス契約を結び専門業者が清掃作業を行うことがほとんどです。

コストパフォーマンスの高いプロに依頼するのがベスト

グリストラップの清掃やメンテナンスは、業者に頼まなくても自分で行うことも可能です。しかし、油脂や汚泥の除去を個人で行うのは大変です。服に汚れや臭いもこびりつきます。

何よりも回収した油脂分などは、産業廃棄物に指定されているので許可業者による適性処理が必要となります。

基本的にグリストラップのメンテナンスは「信頼性」「スピード」「仕上がり」などの観点からコストパフォーマンスの高いプロの業者に頼むことをおすすめします。ここからはプロに頼むメリットや費用について解説します。

プロに依頼するメリット

食品を扱う者がもっとも気を配らないといけないことは、衛生面でのリスクです。清掃の際、素手で作業することはないでしょうが、グリストラップの構造をよく知らなければ、どこをどれだけ洗えば良いのかわかりません。また、劣化していることも気づかないかもしれません。

さらに、雑に作業することで、汚水が周りに飛び散り不衛生な環境をつくるきっかけになってしまいます。清掃服を用意したり、道具の使い方を教えたり、清掃するだけでも従業員の指導は大変なものです。

一方、プロの業者に依頼すれば「食品を触る者」と「清掃する者」で分けることができるので、口に入る物への心配は回避できます。また、業者の専門知識と豊富な実績により、メンテナンスや清掃の仕上がりの質が向上します。清掃を行わなければいけない従業員の負担軽減になりますし、清掃の時間も省けるといった時間削減にもなります。

また、自分たちで清掃するとなると清掃道具を保管しておく必要があります。しかしプロの業者に頼むと保管する必要もなくなります。プロに頼むことにより多くのメリットを得ることができます。

プロに依頼するとどのくらいの費用がかかるか

プロの業者によるメンテナンスや清掃費用は、施設の規模や種類によって異なります。目安としては、グリストラップの容量が250L以下で、18,000~25,000円程度(1回につき)かかります。油を多く使う施設ですと「1ヶ月に1回程度」その他の一般的な飲食店などで「2ヶ月に1回程度」の依頼を考えておいたほうが良いでしょう。

従業員に清掃してもらうほうが費用は安いかもしれませんが、仕事の仕上がりや衛生管理といった点ではプロの業者におよびません。また、汚泥などは産業廃棄物ですので、個人で回収作業から最終処理までするにはとても大変な作業です。産廃手続きからメンテナンスも一緒にしてもらえるプロの業者が断然お得でラクです。

まとめ

グリストラップの構造は、排水からごみと油を除去し、環境にやさしい水を排水するため3つの槽で成り立っていることがわかりました。部品1つ欠けてもグリストラップを設置する意味がなくなってしまうので、定期的なメンテナンスは重要です。しっかり処理しなければ罰則もありますので、無理をせず衛生管理を熟知しているプロの業者に依頼ましょう。

アイ・エス・ガステム株式会社は「清掃」「メンテナンス」「産業廃棄物の処理」グリストラップに関して一連の作業を一括でしてくれます。自社対応エリアは、関東を中心に広域です。多くの経験と専門技術、そして安心の実績で清潔な施設を維持してくれるでしょう。

グリストラップの構造や仕組みを知らず、あまり清掃をしてこなかった施設は、ぜひこの機会にアイ・エス・ガステム株式会社に依頼してみましょう。