グリストラップとは?

業務用の厨房に設置が義務付けられている「油脂分離阻集器」のことです。
レストランやホテル、飲食店などの事業活動によって生じた汚泥は、産業廃棄物になります。そのため、グリストラップで発生した汚泥は、一般ゴミと一緒に捨てることはできません。産業廃棄物の処理ができる許可業者(収集運搬業・処分業)に処理を委託する必要があるのです。
厨房から出る排水に含まれる油やゴミ(野菜くずや残飯など)を直接下水道に流してしまうと、自然環境への悪影響が考えられ、それを防止するために作られたのがグリース(油脂)トラップ(せき止め)です。

グリストラップとは?
グリストラップの構造

図の様に、グリストラップは3つの槽に分けられていることが多く、汚泥などの沈殿物、油分などを分離する槽に分かれています。

第1槽 厨房排水に混ざっている残飯や生ごみを除きます。大きなゴミはバスケットで受け止め、細かいゴミは沈殿させ、流れ出ないようにさせています。 定期的に清掃を行わないと、ここに溜めている汚泥及び油脂分が排水管詰まりの原因になります。
第2槽 水面に浮上する油脂分と更に細かい汚泥を分離します。
こちらも清掃を行わないと、油分が固まってしまい、なかなかヌメリが取れないなど、より清掃を困難にしてしまいます。
第3槽 汚泥と油脂をある程度分離した排水を下水道などへ排水します。

油脂やゴミを取り除いた排水を下水道に流しますが、分離した後には汚泥やゴミがグリストラップ内に溜まり、異臭や害虫発生の原因となります。グリストラップは定期的な清掃が必要になります。

グリストラップ よくあるお悩み

グリストラップを使用している飲食店や施設でよくある困りごとです。悪臭や排水管の詰まりを防ぎ、清潔に保つには定期的なお手入れ・清掃が不可欠です。

01 悪臭グリストラップは汚泥や油脂を溜める構造になっています。
清掃を怠ると悪臭の原因となります。
02 排水管のつまりグリストラップが正しく設置されていない、または清掃されていないことで汚泥が溜まり過ぎると、トラップ管への汚泥の付着やゴミが詰まり、排水できなくなる場合もあります。
排水が溢れ出ることで悪臭が発生したり、さらには排水が厨房内に溢れると店舗の運営に影響が出ます。
03 害虫の発生基本的には食べかすが溜まる装置なので、管理を放置すると害虫発生の原因となります。
04 清掃に手間がかかるグリストラップの清掃はいわゆる「3K」の仕事に分類されており、なかなか清掃に踏み切れない方もいらっしゃいます。しっかりと汚泥を排除したり、ヌメリを取る清掃作業は大変な手間となります。

プロによる確実で安心な清掃でグリストラップを清潔に保つことで、お店のイメージ・集客力アップ。
従業員の負担も軽減し、労働環境の改善と従業員の定着率にも貢献します。

グリストラップ よくあるお悩み

グリストラップの清掃は、構造をしっかり理解した上で行わないと
後で様々な問題が起こる可能性もあります。
専用の清掃用具・機器を使用したプロによる清掃はアイ・エス・ガステムまでご相談ださい。