グリストラップ お役立ちコラム 2

グリストラップが詰まる原因と予防方法を紹介します

レストランやカフェといった飲食店の業務用厨房には、油脂分を分離するグリストラップの設置が事実上義務付けられています。水と一緒に油脂分を下水道に流してしまうことのないようにするのが、グリストラップの設置目的です。環境のためにも必要なグリストラップですが、悪臭や排水管詰まりといった問題が出てくることもあります。

グリストラップのトラップ管の外し方に悩んでいる人へ

グリストラップの中で定期的なメンテナンスが欠かせないのが、トラップ管です。「トラップ管」の名前のごとく単に排水するためだけの管ではなく、臭いやネズミ、害虫などの侵入を防ぐ役割もあります。

グリストラップの仕組み・構造について|知っておくべき部品名と役割や清掃 についても紹介

飲食店の厨房においては、油や生ゴミなどが直接排水溝に流れやすい環境になっています。油や生ゴミをそのまま流すのは、下水の汚染につながるため好ましくありません。そこで、飲食店で下水汚染を防ぐために必要となるのが「グリストラップ」です。

グリストラップの臭いの原因と未然に防ぐための対策

グリストラップは清掃せずに放置しておくと悪臭が漂ってしまうものです。その臭いの原因となっているものは、ほかにもさまざまなトラブルを発生させます。臭いがひどくなる前に対策をしておくことが大切です。臭いがきつくなってくると業績悪化や店舗の客数減少といった悪影響が出る恐れがあります。

グリストラップの清掃を行う上で知っておきたい重曹の使い方

グリストラップの清掃方法がわからず悩んでいませんか。グリストラップは少し放置しただけで酷い油汚れができるため、専用の洗剤を購入しなければならないと思っている人も多いのではないでしょうか。実はグリストラップの清掃は重曹で行うことが可能なのです。

グリストラップの清掃を行う上で知っておきたい水抜きの重要性

グリストラップの水抜きを定期的に行い、こびりついた汚れを除去するのは重要な作業です。同時に部品が壊れていないかを確認すればグリストラップの寿命を伸ばすことや万が一のトラブル回避につながるメリットがあります。

グリストラップの清掃方法と道具について|基礎知識からポイントまでを徹底解説

飲食店では、排水の水質を定められた基準値以下にするため「グリストラップ」を設置しています。飲食店の厨房から流れる排水は、生ゴミや油などを多く含んでおり、グリストラップに汚れが蓄積していきます。

グリストラップの設置基準がすぐにわかるようになる方法

排水口に設置されるグリストラップは、ゴミの除去や油脂分の除去のために設置されています。グリストラップがなければ、排水口内が油詰りやゴミ詰りといった問題が起こる可能性があり、また汚れがそのまま下水になって流れてしまいます。

グリストラップの油脂分解効果について

グリストラップとは、水と油脂を分離する排水システムのことです。飲食店などの業務用厨房では設置するようすすめられています。家庭で揚げ物をした際、揚げ油は排水口に流さないよう何かしらの処理をしますが、飲食店では家庭よりも多くの油汚れが発生します。そのため、下水道に油脂が流れてしまわないように対処しなければならないのです。

グリストラップの種類をご紹介。なぜ種類や構造を理解する必要があるのか

グリストラップとは、飲食店や食品加工施設などの厨房から油分や野菜クズ、残飯などのごみが直接下水に流れ出さないようにするための設備です。グリストラップをとおさずに、排水してしまうと下水の水質を悪化させるだけでなく、排水管を詰まらせてしまうため、一定規模以上の業務用厨房などには設置が事実上義務付けられています。